• 体験談

    PaoChai(パオチャイ)の卒業生の体験談です。

    厳しいトレーニング期間もありましたが、長めの発話がネイティブに通じて中国語の身体化のスピードを実感

    Y.Aさん(大学院生・30代女性)

    受講期間:4ヶ月(毎日平均1.5時間)

    中国語0→PaoChaiレベルP10(HSK4級目安)

    私の人生のなかではじめて中国語に出会ったのは12年前24歳の頃、中国人の子たちと一緒に住んでいたときでした。一緒にごはんを食べたり、クラブに行ったり、音楽を楽しんだり、とても楽しい思い出でした。しかし、その当時は中国語は難しそうだ、という理由で学習をする気持ちにはなりませんでした。そして、30代になってはじめて中国語学習を始めました。その理由は、中国語ができると仕事の幅がぐんと広がるからです。

     

    ゼロからのスタートでしたが、まずは、PaoChaiが設定すP10レベルを120日の学習の目標にしました。P10レベルとは200字程度の中国語をネイティブにスムーズに伝わる発音で発話できることです。

     

    学習を始める前は、そんなレベルなるなんて、自分にできるのか?と思っていました。なぜなら、私は英語とドイツ語、韓国語をこれまで学習してきましたが、やはり語学習得には時間がかかることを身をもって知っていたからです。しかし、日々Pao chaiの音読ベースの課題をこなしていくうちに、聞く、話す、読む、書く力がバランスよくついてきました。

     

    日常生活の中で、ふと漢字を目にしたとき、中国語の読み方が出てきたときには、自分でも驚いたと共にとても嬉しかったです。また、C-POPミュージックを聴いたときには、中国語の発音の美しさに感動できるようになりました。最近では、日々美しい音で発音できるよう毎日C-POPを聴いています。

     

    今振り返るとPaoChaiのよかった点は、3つあります。

     

    (1)続けられる!コーチが伴走してくれる

    4ヶ月で180時間を確保するプランだったので、最初は達成できるか不安でした。なぜなら家庭と仕事、さらには大学院での研究をしながらの中国語学習だったからです。しかし、毎日のようにコーチから学習タスクのリマインドや学習のポイント、目標の確認などを送っていただくことで、中国語学習というひとつの目標に向かっている自分という立ち位置を再確認でき、とてもよい学習サイクルを作ることができたと思います。

     

    (2)音読中心だから自信がつく

    私はドイツ語を大学院の語学で数年学んでいますが、既に4ヶ月の学習なのに中国の方が「使う自信」があります。ドイツ語は、教科書や先生のレッスンを通じての知識吸収が中心で、読み書きする知識をコミュニケーションのための技術に変えるトレーニングがほとんどありません。一方、中国語では、音読ベースにでこれでもかというくらい発話量を確保することで、言葉が身体に入ってくるということを実感したように感じます。このことは、話す際の自信に確実につながると思います。さらに、しっかりとした明確な基準でネイティブに録音をフィードバックしてもらうことで、道を誤ることなく最短距離で中国語力が定着してきました。

     

    (3)レッスンが有意義

    私は英語学習で少し民間の英会話スクールや、大学の語学のクラスを受講したことがありますが、それらはクラスという大人数制の中でのちょっとした知識の教授や練習という形だったので、消化不良で終わることが多々ありました。

    PaoChaiでは、いわゆる「先生」からのレッスンというのは多くはありません。PaoChaiでは、一般のスクールでは先生が目の前で教えるような「知識の吸収」については、既に完成度高く作られた動画教材で自習で学びます。実はこの方が自分のペースで見られるし、授業の品質もよいのではと思っています。ネイティブや日本人講師からリアルタイムで本当に自分が学ぶべきことだけが「レッスン」で教えられるので、自分ができないところをピンポイントで認識し、修正することができました。レッスンは毎回、非常に密度の濃い30分でした。

     

    現在は、まだまだだなぁと思うこともありますし、やはり音が聞き取れなかったり、すぐに言葉が出てこないことはあります。しかし、音声中心の学習は、話す意欲を確実に高めてくれていると感じています。そして成長の実感があることは学習を継続する上で非常に大事だと思いました。この4ヶ月で、中国語学習の”方法”を身に着けたということは大きいです。方法を身につけてしまえば、今後、どうやって学んでいくべきかを自分で組み立てることができるからです。PaoChaiの冨江コーチやネイティブの方々4ヶ月間、本当にお世話になりました!

    「成長実感」と「コーチの伴走」でモチベーションを保ちやり抜けました。発音が中国人の同僚に褒められるほどに!学習方法が身についたので卒業後も続けてがんばります。

    S.Sさん(中国系ベンチャー会社員・33歳・男性)

    受講期間:4ヶ月(毎日平均1.5時間)

    中国語0→PaoChaiレベルP10(HSK4級目安)

    私は中国ビジネスに興味を持ち転職したのを機に、中国の方々とたくさん話す環境になったことが、学習のきっかけでした。中国語学習を始めて、すぐにPaoChai(パオチャイ)を知りました。後から振り返ってみると、試験勉強中心の知識偏重ではない”使える”中国語を習得したかった自分にとってその出会いは、私にとって幸運な出来事でした。

     

    PaoChaiでは基本的に”使える”中国語を習得するために独自のP1からP17までレベル設定があります。HSK対策も提供されていますが、私の場合すぐには必要はなかったので、PaoChai独自の”使える”中国語のための学習プランに沿ってP10まで学習しました。

     

    受講前に不安に感じていたことは、大きく2つです。

    1. 中国語が本当に上達するか?
    2. 仕事が忙しい中で、4ヶ月間学習を続けていけるか?

    PaoChaiでの中国語学習を進めていく中で、これらの不安に対しては、満足に変わっていました。

    どのような点に満足したか?をまとめます。

    • 定期的に、ネイティブスピーカーとの会話や音声録音で、習熟度チェックがあるため、道を誤ることなく成長を実感することが出来ました。
    • 中国語の学習を体系化して、ゴールから逆算してカリキュラムや毎日のタスクが作られているため、効率的に進めていくことが出来ました。
    • 自習ベースのため、一度、自習方法を身につけると、PaoChai(パオチャイ)終了後にも継続できます。
    • オンラインベースのため、どこでもマンツーマンセッションとレッスン、自習ができる。なので、スケジュールが立てやすかったです。

    ただ、全て順調にこなせていたかと言うと、そうではありません。

    私の場合、転職と同時に学習を始めた為、仕事が忙しくなるにつれて、学習時間の確保が難しくなってきました。つまりは、モチベーションの低下といえます。

     

    それを解消したのは2つです。

     

    「自分自身の成長実感」と「的確なコーチング」です。

     

    自分自身の成長実感を得られたのは、学習を続けることが大変だと感じる時に、上手い具合にモチベーションが上がる仕組みがありました。

     

    PaoChaiの学習では定期的に、それまでの学習の習得チェックがあります。

    発音練習は、どうしても最初は一定量が必要な為、同じことを繰り返し飽きてきます。そのようなときに、定期的なネイティブによる発音チェックはクリア判定や点数などがあるためゲーム感覚で楽しめました。2週間に一度くらいのペースで自分が録音した発音を提出するように全体がデザインされているので、一定のトレーニング後の試合みたいな感覚でモチベーションが維持できました。

     

    PaoChaiのネイティブやコーチは無駄に褒めたりせず、一貫して「ネイティブにとって伝わるか」という視点で評価とフィードバックをくれます。

    厳しく感じるときもありますが、そこでもっと学習が必要だと言うことを認識できました。負けず嫌いの性が働き、もっと頑張ろうと続けました。

     

    そういったことを繰り返していくうちに、次々の習得チェックをクリアし、どんどん成長を感じることが出来て学習が楽しくなってきました。自分の実力がネイティブにどう思われるかを実感できる機会があるから、それがモチベーションの源泉になっていたといえます。

     

    合わせて、的確なコーチングは有難かったです。

     

    正直、自分の学習状況を共有するのは、最初は恥ずかしい、また、監視されている感じがあって居心地が悪かったです。しかし、毎日の学習状況や習熟度チェックの結果を基に、的確にアドバイスを頂けたのでおかしなところをすぐ改善でき効率的な学習ができました。

     

    継続できるか?というのが当初からの課題でした。だからこそ、自分自身で割り切って「必ず中国語を上達する」と言う覚悟を決めて取り組みました。

    そうはいっても、4ヶ月間の中で、モチベーションが常に高く保つことは至難です。当然、下がってしまうこともあります。

    今までは「決められたことをきちんとやりきることが出来ない自分」って自分のプライドが、許せなかったです。

     

    一緒に取り組む中で、冨江コーチに対して信頼を置いていた為、思い切って相談をしてみました。親身になって中国語を何故学ぶのかという根本的な動機を深く掘り下げ、今後どう使っていくかのイメージを一緒に具体化しました。そのおかげで、無事にモチベーションが回復しました。これに加え日々のスケジュール管理や学習報告などが功を奏し、モチベーションを高く保ちながら、最後まで学習を続けることができました。

     

    プログラム修了時には、長めの中国語を発話できるようになったのには大変満足です。P10レベルでは、200字程度の中国語をネイティブに伝わるレベルで発話できるレベルです。何度もネイティブの評価フィードバックを受け、おかしな声調や音節表レベルの間違いを直し、最後の週にクリアできました。

     

    職場の中国メンバーには発音を褒められ嬉しかったです。彼らと会話を少しづつ出来るようになってきました。卒業後は、身につけた独学方法で勉強を続けています。

     

    今後、PaoChaiで学習を進める方に一言アドバイスを申し上げるならば、まずは自分自身で覚悟を決めて、PaoChaiの学習を始める。それでも学習を進めることが難しいこともあります。そんな時は、コーチに相談したり、自分自身のモチベーションの源泉を探して、満たしてあげてみてください。

    ×
    ■サービス名称
    PaoChaiオンライン中国語コーチング
    
    ■事業者
    株式会社Rungar
    東京都新宿区西早稲田1-22-3
    代表取締役社長 冨江恭直
    080-7553-5865
    
    ■URL
    https://www.paochai.jp/
    
    ■E-mail
    info@rungar.co.jp
    
    ■販売価格
    サービスの紹介ページをご覧ください。
    インターネットに接続するための通信料は別途ご負担ください。
    
    ■お支払いの時期及び方法
    銀行振込(サービス提供前に一括払い、又はサービス前とサービス開始後1ヶ月以内の分割二回払いの選択可能)
    
    ■サービス代金以外の必要料金
    銀行振込の振込手数料
    市販教材のご購入代金(5,000円程度)
    インターネットに接続するための通信料
    
    ■送料
    テキスト等の送料は販売価格に含まれております。
    
    ■サービス開始手続き(サービスの提供の時期)
    1.	無料カウンセリング
    2.	有料サービスのご案内
    3.	有料サービスの申し込みフォーム入力と送信
    4.	受講料のお支払い
    5.	有料サービス開始
    
    ■サービスについて
    サービス(マンツーマンセッション及びレッスン等)は全てオンラインで行います。また、教材は別途ご購入いただく市販教材及び弊社が無償配布するオリジナル教材となります。
    
    ■申込み後のキャンセル・解約について
    申込み後のお客様のご都合によるキャンセル・解約はお受けしておりません。但し、法令に基づくクーリング・オフまたは中途解約等の場合はこの限りではありません。
    ×
    株式会社Rungar(以下、「当社」といいます。)は、中国語教育サービスを中心に、質の高いサービスを提供し、お客様の満足と信頼を得る事を事業の目的としています。当社は、お客様に安心して当サービスをご利用して頂くために、お客様の個人情報を保護する事はサービス提供における重要事項であり、また社会的な義務であるという認識を持ち、個人情報管理体制を確立し、企業として責任ある対応を実現します。  
    
    1. 当社は、個人情報の利用の目的をできる限り特定し、当該目的の達成に必要な範囲内で適切に取扱います。また、目的以外の利用を行なわないための措置を講じます。 
    2.  当社は、個人情報を本人の同意なく第三者に提供しません。 
    3. 当社は、個人情報の管理にあたっては、漏洩・滅失・毀損の防止及び是正、その他の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じるよう努めます。 
    4. 当社は、当社の都合により、本プライバシーポリシーの全て、又はその一部を予告なく改訂する場合があります。その場合、当社サイトに掲載し公表します。改訂を当社サイトに掲載した時点で、改訂後の内容が適用されるものとしますのでご了承ください。 
    5.お問合せ 当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。 
    info@rungar.co.jp